熱血社長ブログ

BLOG TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--  |  | スポンサー広告


あきらめる?

あと1時間すると後期第5節のHonda戦が始まる。
間もなく選手たちがウォームアップで姿を見せるだろう。

先々週、台風通過の中のホームゲームで、
水しぶきを上げドロ田んぼのように痛めつけられていたピッチが、
また以前の素晴らしいグリーンに回復している。
さすがに2週間では元には戻らないだろうとあきらめていたが、
「しっかり愛情込めれば、目に見えて回復しますよ」
と、グリーンキーパーさんは柔らかい笑顔を見せた。

最近「もうあきらめたほうが良さそうですね」
と、何気ない調子で声を掛けられることが多く、正直腹が立つ。
昨日のテレビニュース出演の際でも
「今期4位はあきらめましたか?」と質問された。
まあこの場合「はい!あきらめました。来年がんばります!」
という答えを期待されての質問ではないだろうから
当然叱咤激励の意味合いで受け止めたが
なかなか受け流すことが出来ないのは 
なにげない 「あきらめたほうがよい」 だ。

せっかくなので、この「あきらめる」という行為をこの際深く考えてみてはどうだろう。
「あきらめる」というのは実は環境や状況が決定付けるものではなく、
人間の行為そのものだということが明白になるはずだ。

「あきらめるべき状況」があるのではなく 
「あきらめる人間」がいる 事実はそういうことだ

ガイナーレはあきらめない 
より正確に言えば あきらめるという概念がクラブには存在しない
傍から見ればあきらめたほうが良さそうな状況で
しかし すべきことを着実に積み重ねるのがガイナーレスピリッツ

グリーンの見事なピッチが私たちに大切なことを教えてくれている






スポンサーサイト

2007.07.28  |  | 熱血


« | BLOG TOP |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。